制作の流れ。マニュアル作成や取扱説明書作成ならトーヨーマルク。

制作サンプル

制作の流れ

@ 打ち合せ(ヒアリング)
商品詳細、ご提供資料、部品ボリューム、最終納品形式、などパーツカタログを制作する上で必要な各種情報をヒアリングさせていただきます。
A 資料受領/取材
ヒアリングにて確認させていただいた資料を提出していただきます。パーツカタログ中に使用するイラストは分解図となりますので、商品の各種部品図および組図が必要となります。図面が一部しか無い、またはほとんど無い、という状態でも取付状態及び形状がわかる資料、または現物(実機)取材および現物(実機)ご提供での制作も可能です。
※3DCADデータを資料としていただければ、紙図面や2DCADデータをいただいた場合よりもお安く制作することができます。
B 制作開始
各種資料をもとに分解図/部品リストを作成します。
C 修正指示/修正作業
初校提出データをご確認いただき、修正希望箇所がある場合は指示をいただきます。
D 完成
修正指示および修正作業が終わり、お客様に校了確認をいただき次第、ご希望の納品形式にて納品します。

※打ち合せから納品までの全てを、お電話およびメールでのやり取りのみで行う事も可能です。全国どこからのご注文にも対応致します。